トップ > 害虫対策  > レナトップ乳剤


レナトップ乳剤

ハエ・蚊・ゴキブリ・ダニ・ノミ・トコジラミに
効果抜群の防疫用殺虫剤!

レナトップ乳剤は化学構造が炭素、水素、酸素だけからなるピレスロイド様殺虫剤エトフェンプロックスを有効成分とし効力増強剤を配合したことを特色とする製剤です。

殺虫成分エトフェンプロックスは、最終的に炭酸ガスと水に分解されますので、環境に与える影響も少なく安心してご使用いただけます。

この商品をお気に入りに追加
この商品を友達にすすめる


レナトップ乳剤のご購入

レナトップ乳剤 1.8L

商品番号 G-28290
商品名 レナトップ乳剤 1.8L
商品価格
(税込)
¥21,000
備考 ※送料無料
個数




レナトップ乳剤 6L

商品番号 G-28300
商品名 レナトップ乳剤 6L
商品価格
(税込)
¥44,000
備考 ※送料無料
※代引不可
個数




レナトップ乳剤 18L

商品番号 G-28310
商品名 レナトップ乳剤 18L
商品価格
(税込)
¥105,000
備考 ※送料無料
※代引不可
個数


広範囲の害虫に対し優れた殺虫効果

ハエ、蚊、ゴキブリなど広範囲の衛生害虫に優れた殺虫効果があります。
デング熱やジカ熱など、蚊によって媒介されるウイルスの防除に注目されている業務用殺虫剤です。



抵抗性イエバエに卓効

殺虫剤に抵抗性を示す害虫に優れた効果をあらわします。 特にピレスロイド抵抗性のイエバエに対しては卓越した効果を示します。



従来のピレスロイドに比べて経済的

従来のピレスロイドに比べて経済的です。
とくにハエ成虫に対する直接噴霧では従来のピレスロイド剤が20〜40倍希釈(水で薄める事)で使用するのに対して、レナトップ乳剤は100〜200倍希釈で使用します。



水域でのボウフラの防除が可能

魚毒性の問題からピレスロイド系殺虫剤が使用できなかった水域の蚊の幼虫(ボウフラ)防除がレナトップ乳剤では可能になりました。



レナトップ乳剤の使用方法

●対象害虫:ハエ・蚊成虫

直接噴霧 100〜200倍に水で薄めて噴霧器等で適宜散布する。
残留噴霧 天井や壁などに25〜50倍に薄めた薬剤を1m²当たり50ml散布する。

※レナトップ乳剤を適正に残留噴霧した場合、屋内ではおおよそ1ヶ月の持続効果が期待できます。

●対象害虫:ハエ幼虫(ウジ)
 発生場所に400倍液を2リットル〜800倍液を4L散布する。

●対象害虫:蚊幼虫(ボウフラ)
 対象の水量1トン(1,000リットル)につき薬剤10〜20mlを適宜水で薄めて散布する。

●対象害虫:ゴキブリ・ノミ・ダニ・トコジラミ
 害虫の生息場所や通り道に水で20〜30倍に薄めた薬剤を1m²当り50mlずつ散布する。




商品名 レナトップ乳剤
容量 1.8L 6L 18L
有効成分 エトフェンプロックス5% S−421
対象害虫 ハエ成虫・幼虫、蚊成虫・幼虫(ボウフラ)、
ゴキブリ、ノミ、トコジラミ、イエダニ




殺虫剤散布に噴霧器

噴霧圧が高い為、ミクロの霧で隅々まで効率よく噴霧作業ができます。
蓄圧作業の要らない電池式!
噴霧量がアップしたハイパワータイプです。
移動しながら噴霧が出来る、肩かけベルト付き。
1頭・2頭の切替可能な為、用途に合わせた最適な噴霧ができます。


関連商品



トップ > 害虫対策 > レナトップ乳剤