トップ  >  猫よけ > ガーデンバリア  >  ガーデンバリア3(GDX-3)





ガーデンバリア3は180日間返品保証

猫よけ対策専門機器、ガーデンバリア3











ガーデンバリア
ガーデンバリアは野良猫の糞尿被害対策で20年以上、
100万台以上の販売実績!(※メーカー調べ)


ガーデンバリア3の特徴

ガーデンバリア3の感知範囲

●シリーズ最大のセンサー感知範囲!
感知範囲は約100平方メートル。

●日本製
設計、製造、検査の全ての工程を日本で行っています。

●ガーデンバリア3(GDX−3)は充電式のバッテリーを採用!
従来品のアルカリ乾電池(単一型または単二型)の購入負担をなくし乾電池のゴミも削減します。
充電はUSBケーブルを使用、付属の充電器のほか、スマートフォン等の充電器から充電も可能です。

ガーデンバリア3は充電式


ガーデンバリアは赤外線センサーで侵入を感知し、その動きに合わせて変動超音波を出して野良猫を遠ざけます。
およそ1〜2週間かけて不快な場所だと学習させ、野良猫を傷つけずに糞尿被害を防ぐ画期的な猫よけ器です。(期間は猫の個体差、使用環境により異なります。)


●ガーデンバリアと同様の返品保証
6ヶ月間使用して効果が現れない場合は返品可能です。
※猫の習性上、効果が現れるまで時間が掛かります。
※修理保証期間は1年です。

●雨天時の使用もOK!(防雨構造)

●公的機関での評価試験により効果を実証済み!

ガーデンバリアシリーズは20年以上の販売実績があり、住宅、公園などの公共施設、神社・仏閣、学校・保育園、病院・福祉施設、工場、商業施設などで使用されています。

ガーデンバリア3は充電式




新型 ガーデンバリア3(GDX-3)のご購入

ガーデンバリア3

ガーデンバリア3(GDX-3)
商品番号/数量 商品価格(税込)
G-86320
1台
¥16,500
備考 ※送料無料
据え置きタイプ
充電式



ガーデンバリアの商品一覧 ガーデンバリアのQ&A ネコよけ記録 ガーデンバリア購入者からのレビュー ガーデンバリアに関する資料請求


野良猫糞尿被害対策新型ガーデンバリア3





野良猫対策の落とし穴

野良猫の糞尿対策を途中であきらめていませんか?
野良猫が長期間縄張りにしている場合は注意が必要です。

忌避剤(きひざい)等の対策グッズを置くと、置いた場所の上に糞尿をされて全然効かなかったという経験はありませんか?

長期間その場所を縄張りにしていたり、もともと気の強い野良猫は、お気に入りの場所(縄張り)をなんとしてでも守ろうとします。

忌避剤の近くにわざと糞尿をして、自分の縄張りを主張してくるのです。

こうなると、野良猫が縄張りを諦めるまで「糞尿の掃除」と「忌避剤を追加する」作業を、根気強く続けるしかありません。

つまり、野良猫の糞尿対策は【野良猫と縄張り争いを続ける】という事です。

ガーデンバリア3は「野良猫の侵入を感知」→「嫌がる音(超音波)を出す」を繰り返し、あなたの代わりに野良猫と縄張り争いをする商品です。



ガーデンバリアの使用イメージ

※メーカーテスト画像。写真の商品はガーデンバリアGDX型です。

1.センサーが反応し超音波を出します
ガーデンバリアテスト1
この段階で驚いて逃げ出す場合もありますが、気の強い野良猫は縄張りを主張するために“わざと”ガーデンバリアの近くに居座ります。

2.超音波は音域を変動しながら約30秒鳴り続けます
ガーデンバリアテスト2
ガーデンバリアの超音波は人間には聞き取りにくい音域(18kHz〜23kHz)ですが、猫にとっては良く聞こえる音域のため大音量で聞こえます。

3.1と2を野良猫が来なくなるまで自動で続けます
ガーデンバリアテスト3
ガーデンバリアの超音波に耐えられなくなると他の場所へ移動します。

変動超音波



ご家庭以外にも、このような場所で多くご利用頂いています。

●導入事例

  • 京都市公園緑地課管轄公園
  • 八尾市都市整備部管轄公園
  • 浜離宮恩賜庭園
  • 銀閣寺(慈照寺)
  • 防衛省(市谷)
  • 安城市立歴史博物館
  • 最高裁研修施設
  • UR都市機構
  • 都市基盤整備公団 他

●ご利用場所

  • 駐車場、庭、空家、車庫、倉庫、ベランダ
  • 病院、老人ホーム、福祉施設、商業施設
  • 幼稚園、保育所、学校、公園、庭園、運動場
  • ホテル、旅館、レストラン、食堂、神社、仏閣
  • 各種店舗(魚屋、肉屋、惣菜屋)、工場 他



ガーデンバリアの感知範囲はどのくらい?

ガーデンバリア3の感知範囲は、約100平方メートルです。
左右90度、上下20度の範囲で効果を発揮します。 なお、感知範囲の端はそれぞれ7メートル先までが感知範囲となります。
前方への最大感知範囲は13メートルです。お庭の角に設置すると、障害物が無い場合は殆ど全体をカバー出来ますが、障害物がある場合は、お庭の角すべてに複数台設置して下さい。 複数台数購入されると、さらに割引になります。

ガーデンバリア3の感知範囲


ガーデンバリア3の使用方法

【充電方法】

1.本体後ろの電池フタをあけ、バッテリーを取り出します。
 ※電源スイッチをOFFにした状態で取り外してください。

2.バッテリーの充電端子に充電ケーブルを接続します。
 ※端子の向きに注意してください。

3.もう一方の端子を電源アダプターに接続し、電源アダプターをコンセントに差し込みます。
 充電確認ランプが緑色になったら充電完了です。
充電方法


【本体の設置】
1.本体に三脚、バッテリー、電池フタを取り付けます。

2.下図を参考に糞尿被害のある場所が感知範囲に入るように設置してください。

ガーデンバリア3を設置する場所
※必ず被害のある場所に向けて置いてください。
※外を通る人や車に反応する場合がありますので敷地外や道路へ向けて置かないでください。
※本器と被害場所の途中にセンサーを妨げる障害物があるとセンサーは感知できません。


3.スイッチを入れて設置完了です。

スイッチ



ポイント


ニオイを取り除く

※設置の前に糞尿のニオイを消しておくと効果的です。

「ガーデンバリア」の効果は強力ですが、既にマーキングのある所では、ネコが再び侵入を試みます。
予め糞尿のニオイを消す事をおすすめします。



ニオイを取り除く

ガーデンバリア3の設置方向について

ガーデンバリアは、外側から内側に向け設置することをお勧めします。


敷地の外側から内側へ向けて設置してください。
被害のあった場所に、外側から内側に向け設置することをお勧めします。外側に向けて設置すると、常にセンサーが反応するため、電池の消耗が激しくなります。

発生する超音波の音量(dB)は距離が 本体から離れるほど弱くなりますので、 被害の場所にできるだけ本体を近づけて設置してください。被害箇所が多い場合は複数台の設置もお勧めします。

庭などに糞や尿をする猫 庭などに糞や尿をする猫 庭などに糞や尿をする猫 庭などに糞や尿をする猫 庭などに糞や尿をする猫 庭などに糞や尿をする猫


設置場所の死角にご注意!

ガーデンバリアの効果的な設置方法


●ガーデンバリア3の死角対策
「ガーデンバリア」の死角に注意ガーデンバリア3の感知範囲は約100m2です。広範囲に効果がありますが、障害物による“死角”にご注意ください。
ガーデンバリア3の赤外線センサーは、障害物の反対側に居る猫を感知することが出来ません。
ガーデンバリアの効果を最大限まで発揮するため、できるだけ感知範囲の物を片付けて下さい。

どうしても死角が出来てしまう場所には、障害物の反対側にもガーデンバリア3を設置していただくか、下記の忌避グッズを合わせてご使用ください。

ガーデンバリア3の死角・効果の届かない場所のオススメ商品
センサーの死角になる場所や、ガーデンバリア3から距離が遠くて効果が表れにくい場所には、忌避剤を撒いて他の場所に被害が移らないようにします。
狭い通路や塀の上・ゴミ置き場などのオススメ商品
狭い通路や塀の上には忌避剤や突起の付いたシートを設置し、猫が通りにくい環境にします。ゴミ箱には防獣ネットや忌避剤の設置が効果的です。



ガーデンバリアの各部名称画像

猫が超音波に慣れる事はありませんか?


ガーデンバリア3の超音波の周波数は、ランダムに変化します。 これは、猫がガーデンバリア3の超音波に慣れることを防ぐためです。

また、ガーデンバリア3は感知範囲内に猫がいると、猫の動きに追従するように超音波を変調させるので、猫がガーデンバリア3の超音波に慣れる心配はありません。(メーカー登録実用新案第3040295号)


その他のご注意点

必ず糞尿被害のある場所に向けて設置してください。
ガーデンバリア3は糞尿被害のあった場所に向けて設置してください。
野良猫の侵入口や通過するだけの場所に設置しても他の場所から侵入されて効果を発揮できません。


設置する高さについて。
ガーデンバリア3は地面に水平に置いた状態で、超音波のスピーカーが猫の耳の高さになるよう設計されています。
高い場所に取り付ける場合は本体正面を地面の被害場所に向けてください。

高い場所に取り付ける場合は、角度を調節出来る「ガーデンバリア2(GDX−2)」と「ガーデンバリアスポット(GDX−SP)」をお勧めします。



電池残量にご注意ください。
バッテリーの残量が少なくなると、センサーが感知しても超音波が途中で止まってしまい効果を発揮できません。
さらに野良猫がガーデンバリア3との縄張り争いに勝ったと思い込み、被害が増えてしまいます。
特に使い始めは作動回数が多くなり使用期間が短くなりますのでご注意ください。
センサーが反応している場合でも、待機時に本体の動作確認LEDが高速点滅している場合は充電をしてください。
消耗したバッテリーを長期間放置すると劣化しやすくなります。


エサになる物を置かないでください。
本品は糞尿被害を防ぐもので、食害を防ぐ対策では効果を発揮できない場合があります。
ゴミ置き場や餌付けをされている場所では、空腹の野良猫は超音波を我慢してでも侵入する場合があります。


この様な環境にご注意
ガーデンバリア3の使用可能な温度は約5度〜45度です。低温や高温になる場所はバッテリーが正常に作動しない場合があります。付属の三脚は地面の熱から本体を守る役割もございますので必ず取り付けてください。
風雨で地面の土やホコリ等が跳ね上がり、センサーレンズが汚れる場合がございます。感知範囲に影響するため定期的に柔らかい布等で軽く拭いてください。(レンズに強い力を加えると割れる恐れがございます。)
赤外線センサーを使用している為、エアコン室外機や夜間照明、自動車、風で大きく揺れる植物等にも反応する場合がございます。


ガーデンバリアQ&A



ガーデンバリア3は充電式

バッテリー


猫よけガーデンバリア3は充電式のバッテリーを使用しています。1回のの充電で最大約1,500回作動します。1日約10回作動した場合、約5ヶ月使用できますが、設置場所や環境により作動回数なども変わってきますので、2〜3ヶ月毎の定期的な充電をお勧めします。




ガーデンバリア3は雨天でも設置可能

ガーデンバリア3は、猫による糞や尿の害が発生する場所に向けて置くだけです。

防雨性能(IP54)で気になる雨も大丈夫! 雨の中でもそのまま設置して下さい。 屋根などは必要なく、雨が直接本体に当たっても大丈夫です。

但し豪雨や洪水、台風などガーデンバリア3が水没や転倒の恐れがある場合は一度収めてください。 豪雨の時には猫もなかなか出てきませんので、ガーデンバリア3を収めても被害は極度に多くはならないでしょう。



商品名 ガーデンバリア3 (GDX-3)
構成 赤外線センサー(熱感知式)、超音波スピーカー、プッシュ式スイッチ、LED動作ランプ
本体サイズ 幅123×高さ230×奥行111mm
重量 約560g(本体のみ)
電源 リチウムイオンバッテリー(付属)
充電時間 約6時間
作動回数 充電1回あたり最大約1,500回
(※環境や電池の状態で変化します。)
音声出力 約18〜23kHz、約105デシベル
センサー
感知範囲
面積 ・・・ 約100平方メートル
距離 ・・・ 最大直進 約13メートル
角度 ・・・ 左右:約90度/上下:約20度(上5度、下15度)
本体材質 ABS樹脂
付属品 三脚、USB-AC電源アダプター、USB充電コード、バッテリー、取扱い説明書兼保証書
保証期間 購入日より1年間(※返品保証は6ヶ月間です。)
メーカー 株式会社 ユタカメイク
製造国 日本
備考 本品は超音波を使用しております。
故意に人に向けたり長時間スピーカー部を耳に近づけないでください。人によっては気分が悪くなったり頭痛を起こすことがあります。
また、飼い猫や猫以外の小動物にストレスを与える場合がありますので本体を設置する向きは、設置場所・方向など十分に配慮してください。
※ご使用になる前に取扱い説明書を必ずお読みの上、正しくお使いください。



ネコまめ知識





トップ  >  猫よけ > ガーデンバリア  >  ガーデンバリア3(GDX-3)