トップ > 害獣・害虫 豆知識 > アリ



アリ対策



アリとは

アリ(蟻)は、ハチ目アリ科に属する昆虫の総称です。一般認識としてハチとアリは区別されていますが、アリ科の動物はハチの一員です。
体長はおよそ1mm〜3cmほどの小型で、体色は黒いものが多いが、黄色、褐色、赤色などの種類もあります。
世界中に約9,000種類が記録され、日本には260種類ほどが分布しています。陸上動物の中で最も繁栄しているグループの1つです。

シロアリは、名前や大きさ、集団で生活する事からアリの種類と思われやすいが、アリ・ハチ類とは全く異なるゴキブリ類の昆虫です。

近年、外来種であるアルゼンチンアリが増加し、日本在来のアリを駆逐する等、生態系への被害が問題となっています。



アリの特徴

・地中や壁の隙間等に巣を作り、生活する。
・食性は基本的に肉食で、他に甘い物も好むが、種類により多種多様である。
・集団で活動する。
・社会性昆虫であり、女王アリを中心として、全てのアリが役割を持ち、活動する。
・他の生物と共生する種類もある。


主なアリの被害

・人の食料にたかる。
・隙間から家屋に侵入し、屋内を徘徊する。
・人に咬みつく、毒針を持つ種類もいる。
・アブラムシ等の共生動物を外敵から守る為、共生動物による被害を助長する。
・アルゼンチンアリが日本在来のアリを駆逐する等、生態系への被害。


住まいに潜む主なアリの種類


種類 トビイロケアリ イエヒメアリ オオハリアリ ルリアリ アルゼンチンアリ
生息
地域
北海道、本州、四国、九州、屋久島、トカラ列島 本州、四国、九州、南西諸島、小笠原諸島 本州、四国、九州、南西諸島、小笠原諸島 関東地方以南 瀬戸内海沿岸の中国地方と関西地方、愛知、岐阜、神奈川
体長 約3mm 約2mm 約4mm 約2mm 約2.5mm
体色 暗褐色 淡黄色 黒色で細長い 青味をおびた黒、光沢がある 褐色
無し 無し 有り 無し 無し
主な
特徴
日本では、よく見られる種類。あらゆる食べ物に群がる。
アブラムシと共生する。
咬まれると軽い痛みがある。
砂糖やお菓子等あらゆる食べ物に群がる、また衣類などに穴を開ける。
皮膚の弱い人は刺されると腫れることもある。
低温に弱い。
食べ物に群がる。シロアリを捕食する。電気製品の中に迷入する。
毒針を持っており、時には人を刺して激痛を与える。
食べ物に群がる。電気製品の中に迷入する。人を咬むこともあるが痛みは残らない。 お菓子や果実等、あらゆる食べ物に群がる。電気製品の中に迷入する。
アブラムシと共生する。
他種のアリを駆逐する。
特定外来生物に指定。
※その他、様々な種類が存在します。

アリの被害を防ぐために

アリが棲み着きにくい環境を整える
●家屋の周囲は風通しを良くする。
 庭木や植物を建物の近くに植えすぎると、アリが侵入しやすくなります。
 また、プランターは地面に直接置かずに、台の上に置いて下さい。

●割れ目、隙間をなくす。
 割れ目、隙間は巣作りや侵入のきっかけになります。
 シーリング材等で隙間を埋めて下さい。

●食べ物を放置しない。
 食べ物は、なるべく密封できる容器に入れて下さい。
 生ゴミもエサになりますので、要注意です。

●1匹だけでも要注意。
 列を作らず、少数で行動しているアリは、エサを探す偵察アリです。
 偵察アリはすぐに退治して下さい。


アリの駆除方法

屋外からのアリの侵入経路が判明している場合は、侵入経路を断つため隙間を埋める作業、及び建物の周囲や侵入経路に薬剤処理をする。

屋内でアリの被害が確認されている場所周辺に毒餌を設置し、毒餌を巣に持ち帰らせて、巣を丸ごと全滅させる。
多くの毒エサは、即効性ではない為、効果が表れるまで、数日掛かります。

屋内にアリが頻繁に出入りする隙間や床下など、巣が近くにあるところ、または巣の中に直接、強力な殺虫スプレーを噴霧するのも効果的です。


ヒアリ・アカカミアリについて

ヒアリ、アカカミアリは、強い毒性を持つ南米原産の特定外来生物です。
2017年6月以降、日本国内で確認される様になりました。

●ヒアリ、アカカミアリと思われるアリを見つけた場合。
専門機関による確認が必要です、発見された場所の自治体へご連絡下さい。

発見した数が少ない場合は、市販の殺虫剤や熱湯で処理出来ますが、数が多い場合やコロニー(巣)がある場合は、刺激すると集団で襲われる可能性があります。静かにその場から離れて下さい。

ベイト剤はヒアリやアカカミアリである事を確認後に使用して下さい。むやみに使用すると定着を阻害する在来種も駆除する事になります。


お勧め対策商品

 まだまだあります! アリ・害虫対策商品一覧へ




トップ > 害獣・害虫 豆知識 > アリ